建物写真店blog

建物専門の出張撮影サービス「建物写真店」の活動をご報告します!

内観撮影で照明をどうするか!?

f:id:tatemonosyashinten:20190509150823j:plain

【代表 渡辺】
こんにちは!建物写真店の渡辺です。
今日は住宅の撮影をする際にいつも悩んでしまう照明のお話をしようと思います。

【代表 渡辺】
撮影現場に行ってまず考えるのが、建物のポイントとなる特徴はどこかということ。
そして、リビングやキッチン・玄関や廊下などそれぞれの空間の光の入り具合を確認すること。
そして、照明をつけるかつけないか。んー、実に悩ましい。

【代表 渡辺】
建物写真店としての考え方は、基本的にはつけない方向性で考えています。
ただし、極端に暗い空間だったり、特徴的な照明器具であった場合、他にも蛍光灯やダウンライトなど色味が異なる照明器具が同じ空間にあった場合は状況に応じて対応するようにしています。
それでは、なぜ基本的につけない方向性かと言いますと、建物本来の色味を再現したいからです。自然光のみで撮影する場合は、照明器具による余計な色味が存在しません。ですので、白い壁は白く、木材の色はその木特有の色に、コンクリートやステンレス・タイルなど様々な建材を本来の色で撮影する事ができます。
まぁ、その方がいいかなと思って相談された場合は、そのように答えています。

【代表 渡辺】
でも、そうは言ってもお客様のご意向もあるわけですので、現場ではその都度相談しながら撮影を進める場合がほとんです。
例えば、「この住宅は暖かいイメージで撮影したい」というご要望であれば、オレンジ色(暖色)の照明のみをつけて対応するとか。「シックで落ち着いた感じで」と言われれば照明全てオフで撮影してみたりとか。
まぁ色々やって結局つけたり消したりして両パターン撮影してしまう事が多いです・・・。
本当だったら、もっと「この場合はこうしましょう!!」と強気で提案できればいいのですが、性格的にそうもいかず・・・。
で、両方撮影したのが下の写真です。先日「今井賢悟建築設計工房」様からのご依頼で撮影をさせていただきましたので、サンプル写真としてどうぞ。

f:id:tatemonosyashinten:20190509150818j:plain

照明なし

f:id:tatemonosyashinten:20190509150813j:plain

照明あり

【代表 渡辺】
そんな訳でいつも頭を悩ませる照明のお話でした。
正解の無い話だと思いますので、その空間が一番魅力的に見えるように神経を研ぎ澄ませて撮影を行いたいものです!

 

 

建物写真店 公式WEBサイトはこちらから
https://tatemono-syashinten.com

----------------------------------------------
建築写真・竣工写真・住宅写真の撮影なら
建物専門の出張撮影サービス「建物写真店」
address 〒451-0054
愛知県名古屋市西区南堀越1-13-5
tel 052-508-8538
architecture@tatemono-syashinten.com